老後を考えると貯蓄は必須

老後を考えると貯蓄は必須

今の時代背景を考えても、老後に向けて貯蓄を蓄えておくことは必須条件ではないでしょうか。

数年前から問題となっている『老後2,000万円問題』は決して他人事ではありません。

自分たちの老後では、もうそれ以上の問題になっているかもしれません。

無料体験も出来る
プロカメラマン養成講座のHPは”ココ”

老後に向けた貯蓄が必要な理由

今までも老後に向けた貯蓄は必須だとずっと言われ続けていました。

けれどコロナの影響もあり、その問題はより深刻化しています。

こんな理由から、できるだけ早く貯蓄を蓄え始める必要があるのです。

老後2,000万円問題

言わずと知れた『老後2,000万円問題』です。

これは「老夫婦は2,000万円程度の貯蓄がないと安心して生活ができない」という問題です。

低収入化している今の日本ですが、他国よりも寿命が長い国です。

生きる年数が増えれば増えるほどお金は必要になるのは当たり前の話です。

ですからこんなにも多くの貯金が必要になるのです。

2,000万円は簡単な額ではありません。

ですから早い段階から貯蓄を増やしておく必要があるのです。

年を重ねてから貯蓄を増やすことはどんどん難しくなります。

であれば、動ける内に少しでも多くの貯蓄を増やしておく方が身のためです。

年金は貰えるかわからない・・・

今の日本の経済状況を考えれば、どんどん年金が貰える年齢が上がり、どんどん貰える額が下がり、終いには貰えない可能性も秘めています。

まだ私たち世代はギリギリ貰える可能性があります。

けれど、今の若い方々は貰えない可能性だって大いにあるのです。

年金が貰えないのであれば、自分で貯蓄を増やすしか方法はありません。

特に若い人たちは老後までだいぶ時間がありますから、早い内から自分の為に貯蓄をするべきでしょう。

大きな事故や大病の可能性も・・・

年を重ねると、どんどん体は動かなくなります。

思うように体が動かないせいで大きな怪我をしたり、大きな事故に巻き込まれる可能性があります。

更には免疫力も下がるので、病気にかかることもあるでしょう。

治療費だって馬鹿になりません。

自分の体を守るためには、少しでも多くの貯蓄が必要でしょう。

貯蓄が多いということは、自分を守る術です。

自分の老後が快適に過ごせるかどうかは、自分の手にかかっています

無料体験も出来る
プロカメラマン養成講座のHPは”ココ”
TOPページを見る